ブラックリストの期間でもお金を借りる

ブラックリストの期間ってどのくらい?

ブラックっていつ消えるの?

 

過去の金融事故の履歴はブラックリストと呼ばれる個人信用情報として残されることになります。金融庁ではこの金融事故記録を最大でも5年を超えない範囲で登録しておくと定めているそうです。しかし実際には、情報機関により登録の期間はまちまちであるという情報が有力です。5年から10年は登録が消えないと聞かれることが有るのはそのためだと考えられます。

 

自分の利用する金融機関はどこの信用情報機関の情報を基にしているのか?ということを調べれば自分が現在ブラックかそうでないかの確認は取れるということになります。もし不安が有れば照会してみることもできるのでやってみてはいかがでしょう。

 

また、同系列のグループ内の金融機関では独自で顧客の情報を保存しておりその情報を活用しています。この期間は5年に限らず10年と言われることも有り、無期限では?との憶測も飛び交っています。自分がブラックとなった金融機関と同系列の業者は申し込んでも否決とされる可能性が高いため、5年を過ぎても使えないだろうという情報は知っていた方が無難かもしれません。滞納も3カ月を超えれば事故として登録がされてしまいます。

 

クレジット会社などの金融機関では延滞をカウントしているので、たとえ1回でも油断が出来ない状況と言えそうです。返済にはくれぐれも注意して臨むことが賢明なのですね。

 

ブラックリストのデメリットって何?

 

最近では、ネットや相談などで、ブラックリストに載ってしまう、ブラックリストに載ってしまったという悩みを見かけることも多くなってきたかと思います。
では、ブラックリストとは、そしてブラックリストに掲載されるデメリットとは一体どんなものなのでしょうか。

 

簡単に言うと、ブラックリストとは正式な名前ではなく、ブラックリストというもの自体は存在しません。では一般的に言われているその正体は何なのかというと、企業が管理している『個人の信用情報』というもので、債務整理や自己破産、ローンや支払いの延滞などの記録が『事故情報』として載せられるのです。
ブラックリストはこの個人情報に傷がつき、事故情報が載っている状態のことを主に指します。

 

この信用情報に事故情報が載っている場合ですと、キャッシングや車・家のローンなどを組もうとしても難しくなってしまうというデメリットがあります。というのは、キャッシング会社やローン会社、銀行などはこの個人情報を自由に閲覧することが出来て、過去に事故情報があるかどうかなどを判断の基準にするからです。
いざという時のため、ブラックリストに載るのは、出来るだけ避けた方がいいでしょう。

 

ブラックリストは携帯電話の料金滞納でもなるの?

 

ブラックリストは載るのは債務整理を行った時や、車・家の大型ローンを延滞した時だけだろうと思う方は多いでしょう。ですが、最近では実は携帯電話の料金滞納でもブラックリストに載ってしまうことがあるのです。

 

携帯電話とはいえ、スマートフォンの登場で携帯は一気に機能が進化し、小型のパソコンと言ってもおかしくないほどのスペックを持つようになりました。
そのためにスマートフォンはそれ自体が従来のガラケーよりも高価で、大抵の人は分割購入で電話料金と一緒に月々幾らと払っていくことが多いでしょう。この分割購入により、延滞した場合のブラックリスト掲載の可能性が出て来るのです。

 

スマートフォンの端末を分割購入した場合、その支払い状況が信用情報機関に登録され、管理されることになります。そして月の電話代を滞納してしまうということは、この端末の分割購入代金を滞納したと見なされてしまい、延滞が61日以上に及んだ場合、事故情報として掲載されてしまいます。この事故情報として掲載された状態が『ブラックリストに載る』ということです。
一度事故情報に掲載されると、5年は抹消されません。携帯電話の料金滞納には気をつけましょう。