ブラックで車のローンが組めない方に

ブラックリストでも借りれる 車のローンってある?

車を購入するとなればマイカーローンなど低金利な金融商品を使いたいものです。使途が明確な借入となる車のローンは銀行などでも見受けられ、高額商品の車だけに融資額も大きく返済期間も長くなるのが通常です。

 

そうなると金利は低く設定されるということになりますので審査はより一層厳しいということが誰にでも想像できるのでは無いでしょうか。また、自動車販売会社を通して信販会社を利用する際にも審査に通過する必要が出てきます。しかし、過去にクレジットやローンなど分割払いを利用したことが有る人で、延滞や遅延などを起こしたことが有る人は審査に通ることが難しくなってくるケースが出てきます。

 

ついうっかり入金を忘れてしまったことが有る程度ではあまり気にする必要は無いかもしれませんが、そのついうっかりが頻繁である、何度も遅延を起こしている、連続で引き落とし不能などという経緯は確実にペナルティとしてカウントされています。

 

3カ月以上の延滞が有った場合、金融事故としてブラックリストに載ってしまうので新たにローンを組むことが難しいということになるでしょう。ブラック履歴保有者は金融機関の審査に通過することが困難となるので、どうしてもお金が必要となれば中小の消費者金融を訪ねるのも一つの選択です。ただし間違っても闇金と呼ばれる業者には引っ掛からないよう、合法な貸金業者の選択に少し時間を掛けることが必要です。

 

田舎で絶対必要なら激安で現金で払える金額のを探して買おう

 

大きな都道府県の都心部ならともかく、田舎の、特に交通が余り発達しておらず1日のバス運行やバス停の場所も数えるほどであったりと、便利とは言えない土地も少なくはありません。そんな土地に住んでいる人は、買い物に行くにしても車が必要であったりします。

 

しかし事情によりブラックリストに載ってしまい、必要なのにローンが組めないという時は困りますよね。ブラックリストの事故情報は5年以上は消えないので、その間車なしの生活というのはとても厳しいものがあります。
そんな時は、中古車などの激安で買える金額の車を探してみましょう。

 

中古車の中でも人気がなかったり型が古いものですと、金額はかなり安くなります。そういった安い車を狙い目に探してみましょう。
また、中古車の売買業者の中には独自のローンを組んでいるところもあり、相手によってはブラックリストでもローンを受けてくれる所もあります。ですので、まずは相談をしてみるのもいいですね。個人の売買やネットオークションなども覗いてみましょう。そして1人で探すのではなく、親族や友人などに情報も求めてみましょう。
中古車も色々、業者も色々です。探せば絶対にあると諦めないことが肝心ですね。