過払い請求してもお金を借りたい?

過払い請求してもまたお金を借りるのは出来るの?

過払い金請求は任意整理の手続きですることが有りますが、自己破産と違って、借金を帳消しにするものでは有りません。払いすぎた利息を返還してもらうことで完済を目指すために行われる方法です。しかし任意整理は、借金が嵩んで返済が滞った場合などに行うことが多いため、その時点で遅延や延滞を起こしているという人も多いのです。

 

3カ月以上の遅延は金融事故と見なされてしまうのでブラックリストに載るという結果になってしまいます。そうなると大手消費者金融や銀行からお金を借入れることは難しい状況です。そのような場合に期待されるのは中小の消費者金融ということになってきます。任意整理中であれば、念入りな審査をほどこし見合った金額を融資してくれることが有るそうです。

 

借金を丸ごとチャラにする自己破産の履歴はブラックリストの中でもペナルティが大きなものです。それと比較して、完済を目指すことになる任意整理はまだ返済する意志が有ると認められることになるのです。過払い金請求自体は消費者にとって重要な手続きでもあるためそれを否定する理由は誰にも無いと考えるのが当たり前です。

 

ブラック履歴で過払い金請求なのか?単なる過払い金請求なのか?そこには審査する側から見ると大きな違いが出てくるのではないでしょうか。

 

過払い請求の一連の流れ

 

債務整理を行った場合、払いすぎていた利息を戻せる過払い請求が行えることがあります。
では、この過払い請求をする時は、どういう手順で行うのでしょうか。

 

まず、過払い請求は必ずしも弁護士や司法書士にお願いしなければならない訳ではありません。過払い請求自体は個人でも可能であり、書類を用意して業者側に請求をするのですが、なかなかに知識のいることでもあり、何より業者側が支払いに渋ると長引いてしまうというデメリットもあります。
なので、知識に不安があったり時間や暇がない方は弁護士や司法書士にお願いした方が早いでしょう。

 

弁護士にお願いするにしても用意する書類は同様のもので、業者に対して取引履歴の公開をしてもらい、履歴に基づいて過払い金の計算をします。その計算で合計された額を業者側に請求し、相手がそれに応じたら「和解」ということで過払い請求は終了です。和解出来なかった場合は更に「過払い金返還請求訴訟」を起こす必要があります。こちらは話し合いに裁判所を通して交渉を行っていきます。
知識や計算などに自信がある方は個人で、不安な方は弁護士に、それぞれ自分に合った方法を探してみましょう。

 

過払い請求 和解と裁判について

 

債務整理にて過払い請求を行った場合、ほとんどの件が和解で解決しています。金額や返済日数で多少まごつくこともあるようですが、大抵和解できずにその後の過払い金返還請求訴訟に至る件は少ないのだとか。
業者側にとっては借入していた金額を返すどころか支払うはめになってしまうのに、なぜそんなに簡単に和解が出来るのか不思議に思う方もいるかもしれません。

 

業者側としても、過払い請求をしているこちら側との交渉以外にも本来の事業や他の方の案件などを同時に行っており、1つの件を長引かせてしまうのはマイナスにしかなりません。
和解交渉が決裂すると、過払い金返還請求訴訟という裁判が持ち上がります。こちらも長引くことが多く、そもそも過払い金は利息を過剰に払ってしまったものを払い戻すためのものなので、業者側としても長引かせる意味がなく、デメリットにしかならないのです。

 

和解自体は裁判所が立ち会わなくても、私的な話し合いのみで解決することもあります。しかし、私的な話し合いで和解出来なかった場合は裁判所が間に入り、公的に和解を取り成す必要が出て来ます。また、和解は裁判中にすることも可能で、互いに和解したと表意すれば裁判もそこで終了します。