水商売のキャッシング事情

水商売でもお金は借りられるのか?

水商売などいわゆる夜の仕事をしているとキャッシングは難しい、とはよく聞きます。決まった額ではないがちゃんと最低限の収入は毎月ある……では、いったいどうして借入が難しくなってしまうのでしょうか。

 

水商売の方がキャッシングで忌避される理由としては、まず不定期的な収入であるということ。最低限はあるのに!と思われるかもしれませんが、やはり上下の波が激しいと審査する側も考えてしまうのです。
次に、仕事が長く続かない場合が多いこと。こちらも水商売の方には多いようですが、このお店はあまり良くないから辞めて次はあのお店、というように移り変わられる場合があるのです。こうなると、審査する側は最初のお店での収入で判断している訳ですから、そのお店がすぐに変わってしまいました、だと審査の意味がなくなってしまうのです。
最後に、これより前の借金をしている場合が多いということ。これはお店側に借金をしているパターンが多く、それですと信用情報には何も載らないので借入する側としては都合がいいのですが、審査する側だとアンフェアな情報になってしまいます。

 

それでも水商売の方でも審査可能なキャッシングはあります。定期的な収入と継続したお仕事が出来るという方は、そちらを受けてみてはいかがでしょうか。

 

水商売で給料明細がもらえないなら借りれないしやばい

 

水商売でも定期的な収入と継続した勤務期間があればキャッシングの審査は受けられます。ですが、ひとつだけ問題があります。それは給料明細などのはっきりとした書類がないと借入が出来ない、ということです。

 

キャッシング会社の審査の定期的な収入を図る場合、給料明細が必要になります。しかし、水商売の方はお店からお給料を貰ってはいてもこの給料明細が出ていないことが多く、それだと審査には通らなくなってしまいます。
また、給料明細以外に確定申告の書類を審査に出すこともありますが、この確定申告を行っていない場合も多く、それですと『正当な労働勤務の給料による収入』とは見なされないのです。

 

この問題があるために水商売の方などはキャッシングが難しいと言われていますが、最近ではこういった方を対象に架空の会社からの給料明細を作ってくれたり在籍確認の電話にも対応してくれたりというアリバイ会社も出てきました。
しかし、当然ですがこのアリバイ会社の利用が発覚しますとすぐに解約をされたりしますし、ひどい場合には訴訟問題などに発展することがあります。なので、こちらの利用はやめておいた方がいいでしょう。