借りたお金を減額して返す方法があるんです

債務整理って何

お金の返済に困ったときはご相談ください、という法律事務所のコマーシャルを目にすることも多くなったこのご時世、実際に相談をしても何ができるのかいまいちピンと来ないものです。実際に相談をしたところで借金が消えるのか、それとも返済を待ってもらえるのか。不安はつきものです。

 

そもそも相談をした時に何を目指すのかというと、債務整理を行うべきかどうかを相談するのです。では、この債務整理とはどういったものなのでしょうか。

 

簡単にいえば借金をなくしたり軽減したりするための法的対策のことをいいます。よく聞くのは自己破産などがそれに当たります。債務整理を行うことによって現在抱えている借金がすべて帳消しになったり、返済額を大きく減額したりできるのですが、ただ債務整理は自分の個人信用情報上でも債務事故として記録されてしまうので向こう5年から7年間程度と言われていますが金融サービスの利用審査に大きく不利に影響すると言われています。

 

とは言えども使わざるを得ない方々がいらっしゃることも事実です。ただ漠然と希望と不安だけを煽るのでは無く、どんな状況の方が、どんなものを揃えて、何を行えば債務整理が行えるのか。それを法律家と相談するのです。

 

自己破産とは

 

いまや債務整理の代表格と言っても過言では無い自己破産なのですが、具体的にはどんなものでしょうか。
簡単に言えば負債がすべてなくなる最強の債務整理方法です。ただし名称に破産とあるように負債が負の財産と捉えた場合、真の財産となる車や家などの大型財産も競売などにかけられて買収されることになります。すべての財産と言うわけでは無いため実際の申請時には自分の保有している財産の中にどういったものが含まれているのかを確認し、精査した上で没収財産も決定されるため、内容については要相談といったところです。

 

上記の通り債務整理の中でも最強に位置する方法でもありますので、それだけに利用できるかどうかの精査も厳しいと言われています。実際は裁判所に届け出と財産一覧、家計簿などの書類一式を提出し、審尋を受けた上で認可れた段階で負債の支払い義務が解消されるのです。更には官報と呼ばれる政府発行の雑誌にも誰が何時自己破産の申請認可を得たのかというところまで掲載されます。相当負債金額が大きくとても自力で支払うことが出来ないという時には選択する意義もありますが、むやみに利用したいと思ってもそう簡単には認可の下りない難しいものでもあるのです。

 

任意整理とは

 

任意整理も自己破産などと同じように債務整理の一つです。こちらは自己破産とは異なり対策を行ったとしてもすべての債務が帳消しになるわけではありません。任意整理は現在抱えている負債の内元本だけの返済としたうえでその一部だけ返済するように手続きをするものです。返済内容としては一ヶ月の返済額を決定した上で約3年から5年間で支払ができるような金額に設定されるといいます。

 

手続き方法のおおよその流れは自己破産などと同じです。必要書類を用意した上で裁判所に提出し、認可が下りれば金融業者との話し合いにて返済内容を決定していくのです。

 

任意整理もまた自己破産と同様に個人信用情報が機関に登録され、尚且つ任意整理完了後は官報掲載もありますので、やはり自分で返済していくとは言えども債務整理にて負債を減免するわけですからそれなりの対価も付いてきます。

 

ただし自己破産と比べていいところは大型財産の回収に合わないというところです。自分で負債の一部を返済することによって車や家などは回収対象にならないため、負債を減らして財産を守るという意味では大きなメリットかと思います。その時時に応じてどういった対策が必要なのか、一人で考えずやはり専門家に相談するのがベストです。