闇金では借りるな!

闇金融キャッシングには気を付けよう

事情がありブラックリストに載ってしまった、けれどもどうしてもお金が必要で、周囲に頼れる人はいない……そう考えて思い詰めた人には、ブラックリストに載っていてもお金を貸してくれる闇金融は魅力的に見えるかもしれません。
けれども、それこそが闇金融キャッシングの思うツボ。魅力的に見えた時点で罠にはまりかかっているのです。

 

そもそも闇金融とは、正規の事業登録をしていない非正規の事業を指します。闇金融は確かにブラックリストなどの信用情報に事故がついている場合でもお金を貸してくれますが、代わりに莫大な利息を要求してきたり、暴利であったりするところがほとんどです。
闇金融の利息はトイチという言葉が有名ですが、正規事業のキャッシング会社よりも高い利息で、日数が経つにつれどんどんと高くなっていきます。気がついたら元の借入の数十倍の借金があった、なんてこともザラです。

 

更に闇金融での借金が重なっているとはなかなか人に言い辛く、最初に借入を申し込んだのも自分なのだから警察にも行き辛いという心理が働いてしまうために1人で思い悩んでしまう人も多いのです。
困っている時でも、闇金融を利用すれば悩みが増えるだけ。闇金融を利用するのは止めましょう。

 

闇金からもし借りたら弁護士に相談しよう

 

しかし、中には何も知らずに闇金融でキャッシングをしてしまい、後から闇金融と発覚したなどというケースもあります。正規事業と見誤ってしまうような宣伝を掲げているところも多く、騙されてしまう人は少なくはありません。
そういった時にはどうすればいいのでしょうか。

 

まず、1人で思い悩まずに誰かに相談してみましょう。信用の出来る人や、警察、そして弁護士や司法書士事務所などのこういった事態に慣れているところだと更にいいですね。
弁護士や司法書士の中には闇金融とのケースを扱った経験が多いところや、闇金融の相談を専門にしていたりするところもあります。こういった事務所はインターネットや電話帳などを活用して探してみましょう。

 

弁護士や司法書士の方は手馴れているプロですから、悪質な闇金融でもしっかりとフォローをして守ってくれます。闇金融を利用したと知られるのが恥ずかしいという方もいますが、闇金融は悪質な非正規業者であり、こういった手合いを告発するのに一役買っているんだと思い直してみるのもいいでしょう。
大切なことは、絶対に1人で抱え込まないことです。何かあったらプロの方にお任せしましょう。